イチゴ海外輸出、急増。

イチゴ出荷も最終期。
今季は多種品種のイチゴが売り場に勢揃い消費者を楽しませました。
売り場では4パック入りケースに、4品種を求めた主婦もあり、
これまでになかった1コマでした。

一方、「イチゴの海外輸出が急増している」の新聞記事があった。
2015年は約8億5千万円。
輸出は香港を中心に、例年11月~5月頃。
要因は国内での植物防疫が不要など輸出環境が整っているという(門司関税)。
鮮度、品質管理、維持も注目されます。


“イチゴ、ツムランド施用事例。”

*栽培:ビニール、無化温ハウス(生産農家)。
①使用目的:品質向上、収量アップ。

②施用方法:施用量 30kg/10a
     :全面施肥

③使用結果:(Aさんの場合)
      ・2年間ツムランドを止めたところ収量が減少。
      ・再度、施用で回復した。
      ・保肥力、アップ。

      (Bさんの場合)
      ・土壌が肥えてきた。
      ・根張りが非常に良かった。

多種多様微生物群資材、“ツムランド”お試しください。
カテゴリー: ツムランド パーマリンク