イチゴ海外輸出、急増。

イチゴ出荷も最終期。
今季は多種品種のイチゴが売り場に勢揃い消費者を楽しませました。
売り場では4パック入りケースに、4品種を求めた主婦もあり、
これまでになかった1コマでした。

一方、「イチゴの海外輸出が急増している」の新聞記事があった。
2015年は約8億5千万円。
輸出は香港を中心に、例年11月~5月頃。
要因は国内での植物防疫が不要など輸出環境が整っているという(門司関税)。
鮮度、品質管理、維持も注目されます。


“イチゴ、ツムランド施用事例。”

*栽培:ビニール、無化温ハウス(生産農家)。
①使用目的:品質向上、収量アップ。

②施用方法:施用量 30kg/10a
     :全面施肥

③使用結果:(Aさんの場合)
      ・2年間ツムランドを止めたところ収量が減少。
      ・再度、施用で回復した。
      ・保肥力、アップ。

      (Bさんの場合)
      ・土壌が肥えてきた。
      ・根張りが非常に良かった。

多種多様微生物群資材、“ツムランド”お試しください。
カテゴリー: ツムランド | イチゴ海外輸出、急増。 はコメントを受け付けていません。

カーネーション、お試しください。

来月5月8日は母の日。
カーネーションの需要がピークとなる。
そのカーネーション輸入、菊に代わり15年
切り花輸入量が上昇傾向で、3億4213万本。
輸入先コロンビア、中国、ベトナムにつづいて、エクアドルが急伸。
花の鮮度維持、保持を含めた国産カーネーション品質向上、差別化が急がれます。



“カーネーション、ツムランド施用事例を紹介します”

*カーネーション栽培:ビニール、加温ハウス(生産農家2例)。
①使用目的:連作障害防止。

②施用方法:施用量 360kg/10a
     :畝条施肥(有機質材の替り)

③使用結果:(Aさんの場合)
      ・病害予防に効果。
      ・生育良好。
      ・土壌の団粒化構造の改善。

      (Bさんの場合)
      ・下葉が枯れない。
      ・根張りが非常に良かった等。

多種多様微生物群資材、“ツムランド”お試しください。



カテゴリー: ツムランド | カーネーション、お試しください。 はコメントを受け付けていません。

イチゴのツブツブ……

イチゴ農家の出荷が続いている。
最近はワントレイ姿で“白と赤”コントラストが鮮やかで、
お母さん達にアピールしている。
出荷大忙しのかたわら、農家ハンドメイドの苺ジャムが
売り棚を淋しくさせている。
ツブツブの食感が朝の食卓に存在感を感じさせる。

農産物加工食品はジュース、ジャムが定番。
なかでも、イチゴはツブツブの食感が鮮度を感じさせるから不思議。
例年、生色出荷は5月~6月まで続く。
かたや、ジャムの王様“イチゴジャム”も家庭で、イチゴ農家メイドが出回る。
スーパーなど生鮮食品売り場で多種多様のイチゴが並ぶそばに、
イチゴジャムを並べらないだろうか?
生食があっち、ジャムがこっちと、あっちや、こっちや。
いかがなものでしょうか?

20160307_1           ツムランド施用のビニールハウス。
20160307_2           イチゴの大きさが良く揃うんです。
カテゴリー: ツムランド | イチゴのツブツブ…… はコメントを受け付けていません。